ウォーターサーバーは大変便利な商品ですが、保管場所をとるなどといった理由でやめたいと思っている人が多いようです。今使っているものを解約した後には水道直結型のウォーターサーバーをおすすめします。

ウォーターサーバーは必要ない?利用をやめた理由と解約方法

水道ウォーターサーバーは大変便利で優れた商品で、最近ではウォーターサーバーを使用して美味しい水を楽しんでいる人が増えています。

手軽に美味しい水が飲めて、配達もしてもらえるので小さな子供がいる家庭に大人気で多くの人が利用しています。

その反面従来のウォーターサーバーは予備のボトルを家のどこかに保管しなくてはいけないという問題点に悩んでいる人が多く、それさえなければウォーターサーバーを使う問題点はなにもないと思っている人もいます。

そういった方におすすめしたいのが水道直結型のウォーターサーバーです。

こちらは予備の水を保管する必要がなく、高品質な水が味わえます。これからは便利な水道直結型のウォーターサーバーがおすすめです。

ウォーターサーバーを使うメリット

赤ちゃん子供ができると今までは食べることに無頓着だった人も、食事の影響について考える機会が多くなると思います。

妊娠中は母親が食べたもので栄養が赤ちゃんに届けられるので、母親が食べているものを赤ちゃんが食べていることと同じようなものだからです。

もちろん赤ちゃんが生まれた後も母乳になるための栄養は親の食べたもので作られますし、ミルクを作る時の水にも気を使わなくてはいけません。

そういったことを考えていると今と同じ食生活ではいけないと思うようになり、多くの人がこだわりの食料品を購入するようになったり、水にこだわりを持つようになったりします。

水を質の良いものに変えるには、ペットボトルなどできちんとした水を購入する方法が最も手軽で誰でも出来る方法です。

ペットボトルの水はどこでも購入することができますし、探せば質の良いもので安価なものも手に入ります。

しかしペットボトルの水だけで生活の中の飲み水をまかなおうとすると、かなりの量が必要になり、まず購入した後に運ぶことが難しくなります。

特に妊娠をしていると重たいものをもつことができないので自分で購入して持って帰ることが難しくなります。

子供が生まれて体調は戻り、重たいものを持てるようになっても、ペットボトルの水は相当重いので、車で買い物に行かない限り持って帰ることが難しくなるでしょう。

そういった重たいものを購入する時には宅配サービスを利用するという人も多いと思います。

たしかに水を運んでもらえることはありがたいことなのですが、今度はペットボトルのゴミが大量に出るという問題点が発生します。

ペットボトルはつぶせば小さくなりますが、それでもゴミの日まで保管をしておくとかなりかさばり邪魔になってしまうことがあるでしょう。

そしてゴミの日に大量のペットボトルを捨てるという作業も少し面倒であり、ゴミの回収日に雨が重なってしまうと、翌週にしておこうという気になってしまい、そうなるとさらに大量のペットボトルが家の中に残ってしまいます。

こういった問題点を解決してくれると思えるのが、ウォーターサーバーで色々な会社のものが販売されています。

ウォーターサーバーの水は各家庭まで届けてもらえるので、それぞれの家庭に必要な分量だけを注文しておけば、後は自宅で待っているだけで水が届きます。

そして水の味もペットボトルの水よりも高品質なものが多く、料理に使用すると料理の味が良くなるという大きなメリットもあります。

そういった良さがあるので、妊娠をしたり、子供が生まれてからウォーターサーバーを使用する家庭の数が増えており、子供がいる家庭には特別なサービスのあるメーカーもあるようです。

そういった特典を利用しながら使うと、とてもお得にウォーターサーバーを使用することができます。

実際に使っている人が多いというのは多くの人が水の重要性を感じているからでしょう。

ウォーターサーバーを使ってみてわかったこと

ペットボトル

ウォーターサーバーを使用するためにはメーカーによって色々な違いがありますが、多くのメーカーでは部屋の中に置くサーバーをレンタルで貸し出して、使う水だけを購入するという方法です。

そのため、最初にサーバーを置く場所を考えておく必要がありますが、最初に場所の確保ができれば、後は水を注文するだけで定期的に水が届き、すぐに美味しい水を飲むことができます。

普段は水道からいくらでも水が出る日本の生活をしていると、そこまで水について意識をすることがないかもしれませんが、水は人々の健康維持に非常に深くかかわっています。

特に最近では脱水でなくなる人が増えてきていたりしますが、あれも水分の摂取量が少ないことで起こる病気です。

水不足から起こる健康障害

また死亡原因の上位を占める心筋梗塞や脳梗塞は血管が詰まってしまう病気ですが、血液がドロドロになると血管が詰まりやすくなると言われています。

血液中には赤血球などの血球成分があり、そこに水分が混じって液状になっていますが、体の水分が不足すると血液中の水分も少なくなり、液体であるはずの血液がドロドロになってきます。

そのため通常ならば血管の中をスムーズに流れていくはずの血液が途中で引っ掛かりやすくなり、運が悪いと血液の塊が血管を塞いでしまい、血流が途絶えてしまいます。

そうなるとその血管から栄養を補給していた細胞への血流が途絶えてしまい細胞が死んでしまうということが起こり。

心筋梗塞や脳梗塞を引き起こします。

体の中の水分が不足するというとお年寄りの病気だと思われがちですが、実は子育て中の人も水分不足になりやすいと言われています。

こまめに水分を補給を行いましょう

それは子供の世話で忙しく自分の食事や水分摂取がおろそかになってしまいがちなせいで、特に授乳中の人は母乳で水分が失われてしまうので脱水状態になりやすいと言われています。

授乳中の時期は赤ちゃんの世話で忙しいことが多く、自分のことは後回しになってしまいがちです。そこに寝不足などの疲れも加わるために、脱水と寝不足で体調を壊しやすくなってしまいます。

睡眠は赤ちゃんの様子に左右されるので調整することが難しいかもしれませんが、水分は意識をして摂るようにすれば、必要な量を摂ることができます。

睡眠をしっかりととることも重要ですし、水分の補給をしっかりと行うことも大切です。

なかなかゆっくりと水分補給をすることができないかもしれませんが、ウォーターサーバーがあれば忙しい毎日でも、簡単に水分補給をすることができます。

もちろん赤ちゃんにも飲ませることができますし、買い物に行くことが難しい時期でも自宅に配達をしてもらえるので、水を切らしてしまうということがありません。

育児世代の人にとってウォーターサーバーはとても便利で有益なものであることが分かると思いますし、実際に利用している人が多いのもこういった理由からでしょう。

ウォーターサーバーをやめた理由

ボトルを捨てるイメージ

愛用者が多いウォーターサーバーですが、中には使い始めてからしばらくすると解約をする人の数も増えているようで、ウォーターサーバーの予備のボトルをしまっておく場所が確保できないという理由だということです。

確かにウォーターサーバーの予備のボトルはかなりの大きさがあり、そして中には水が入っているので重さもかなり重くなります。

赤ちゃんが生まれたばかりの頃はクローゼットの隙間など空いた場所に保管している人が多いようですが、赤ちゃんが成長していくとどうしてもものが増えていき、クローゼットの隙間も赤ちゃんの荷物で埋められていってしまいます。

赤ちゃんの荷物が増えることは当然のことで、大きくなるにつれて出来ることが増えてくるために、それに対応していく必要がありますし、体も大きくなっていき外出が増えるので、洋服の数なども増えてくるでしょう。

そして、赤ちゃんのもので場所を摂るもののひとつがおもちゃです。

特に小さい子のおもちゃは大きなものが多く、赤ちゃんが間違って飲み込んでしまわないように、分解ができないようなタイプになっているおもちゃもたくさんあります。

こういったものを家のあちこちに収納していると、どんどん家の収納が狭くなっていき、ついには部屋のあちこちにものがあふれてきてしまいます。

さらに赤ちゃんが動くようになると片付けてもすぐに散らかされてしまい、家の中が片付かなくなります。

そのような状況になった時に大きな水のボトルがあると、どこにも仕舞えずに困ってしまう人が多いようで、そういった理由でウォータサーバーを使うことをやめるという結論になってしまうようです。

ウォーターサーバーをやめた後も

水は毎日の生活で必要なので、とても困っているという家庭もあります。また他の理由としてはウォーターサーバーを置いておく場所がなくなったという家庭もあります。

赤ちゃんのものが増えたりして場所がなくなってやめたという人もいますし、赤ちゃんがウォーターサーバーを触ってしまうのでやめたという人もいました。

やめた理由には色々なものがありますが、ウォーターサーバーを置いて使い続けることと赤ちゃんの生活を同時に進行させる時には少し難しさが出てしまうのでしょう。

また赤ちゃんが大きくなると散歩や公園に連れて行く機会が増えて家にいないことが多くなるので配達をしてもらう時に困ってやめたという人もいました。

あとは保管しておく場所と同時に使い終わった水のタンクが邪魔になってやめたという意見も聞かれました。

大変便利な商品ではあるのですが、やめたという人の理由を聞いていると、確かに育児中の生活の中では問題点が多くあるのだということがわかります。

こういった理由は育児中の人だけに聞かれるものではありませんが、特に育児中の人手はウォータサーバーを使い始めても途中でやめたという人が多いことが特徴です。

水道直結型にしたことで問題解決

水道直結イメージ

こういった理由でウォーターサーバーをやめたという人たちは、解約をしたままでは水が手に入らないので他の方法で水を手に入れることを考えて困っている人が多いようです。

他には同じような理由でウォーターサーバーをやめたいと思っても、水が必要なので仕方なく使い続けているという人もいます。

こういった悩みを解消できるのが水道直結型のウォーターサーバーで今までのように部屋に予備の水を置く必要がありません。

直接水道につながっていてそこから水を補給することができます。

こういった方法のものであれば、育児中にウォーターサーバーを使用して使い勝手が悪く感じて使うことをやめた人でも問題なく使用できますし、やめたいと思っていた人は水道直結型のウォーターサーバーを見つけるとすぐに、もともとのを解約して水道直結型のものに取り換える人が多いと聞きました。

やめたいと思っている人も水の質が悪くてやめたいと思っているわけではないので、不便だと思っているところさえ解決すれば辞めたいとは思わなくなるのではないでしょうか。

辞めたいと思う理由の多くは予備の水を置いておく場所がないことだったり、配達の時間に家にいることが大変だという理由なので、水道直結型にしてそういった問題がなくなれば、やめたいと思っていたことが全て解消します。

無駄なく解約しましょう♪

解約イメージ

今まで使っていたものを解約をする時にも大きな手間はかかりませんし、すぐに水道直結型の新しいものを使い始めることができます。

解約をする時には予約をしている水を全部使い切ってしまってからやめたいと思っていることを伝えるようにしたほうが余った水を無駄にすることがありません。

もしも余っている予備の水を引き取ってくれるメーカーであるのならば、早めにやめたいと思っていることを伝えて、予備の水を引き取ってもらうこともできます。

やめたいということは早めに言っておくと、他の手続きがスムーズに進むことがあるので、できるだけ早めにやめたいと思っていることを伝えておきましょう。

やめたいということは特に問題ではなく、メーカーの方も詳しく何故やめたいと思っているかなどを聞いてくることはないので、すぐに解約手続きが開始できると思います。

やめた後には水道直結型のものに取り換えれば、快適な生活を送れるようになります。

もしもウォーターサーバーの予備のボトルの置き場に困っている場合には、水道直結型のものに変更をすることを考えてみてください。

今使っているものをやめた後にはすぐに次のウォーターサーバーが使えるような手続きをしておくことが大切なので、やめたいと迷っている人は新しいウォーターサーバーも先に探しておくことをおすすめします。

次に使うウォーターサーバーは水道直結型にすると、予備のボトルを置く場所も必要なく、毎日快適に好きな分だけ美味しい水を飲むことができますよ。

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーおすすめランキング

毎日飲む「水」が非常に重要であることがお分かりいただけたのではないでしょうか。だからこそ、この機会にぜひ「水」に目を向けてみてください。

 

ここからは、その参考の1つとして、おすすめのウォーターサーバーランキングを掲載させていただきますので、ぜひご覧ください。

 

1位:Cool Qoo(クールクー)

  >>公式サイトはこちら
初期費用4,200円(税別)~
月額費用4,200円(税別)~
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金 ご契約から36ヶ月以内の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37ヶ月目以降/36ヶ月を超えてお使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

 

Cool Qooは、水道に直結できる自動給水型ウォーターサーバーです。ウォーターサーバーというと、ボトルが必要で面倒というイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかしCool Qooの場合は水道に直結させることができますし、放射性物質まで除去することができる濾過フィルターを搭載しているため、猫に安全な水を飲ませてあげることができます。

 

2位:ピュアウェーブ


初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

 

ピュアウェーブも、1位のCool Qoo同様に、水道に直結して使用することができるウォーターサーバーです。そのため、ボトルは必要ありません。活性炭と逆浸透膜によるROフィルターによって限りなく純水に近い水を作り出すことができるため、こちらも猫にぴったりのウォーターサーバーと言えるでしょう。

 

3位:楽水


初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

 

楽水も、Cool Qooやピュアウェーブと同じように水道直結が可能なウォーターサーバーです。楽水には3種類のフィルターが備わっているため、水道水に含まれているサビやホコリはもちろんのこと、活性炭の吸着力によって塩素などの物質やにおいも除去することができます。