ウォーターサーバーをやめた人の解約理由で多いのが、ノルマを消化しきれないというものです。これを避けるためには、家庭での消費量に合わせたウォーターサーバーを選択するようにする必要があります。

ウォーターサーバーをやめた人の解約理由で多いもの

作業員イメージ

ウォーターサーバーは、サーバー設置の費用やメンテナンス料金、水の配送料が無料である所が多いです。

それでいておいしくて健康に良い水を飲むことができるため、人気が高くなってきています。

狭い家庭でも邪魔にならずに設置できる省スペース型や、デザイン性に優れているウォーターサーバーも登場しています。

チャイルドロック機能を搭載して安全に配慮しているものや、スイッチ一つで水やお湯を出すことのできるタイプもあるなど、選択肢が広くなっているのも魅力です。

そんなウォーターサーバーですが、途中でやめたという人もいます。

あふれだす水

やめた原因は人それぞれですが、解約理由で多いのが、ノルマを消化しきることができないためにやめたという人です。

前述のとおり、ウォーターサーバーの設置やメンテナンス、配送料が無料である業者も多いですが、それは水の販売で利益を上げることを前提としています。

そのため、一定期間内に一定数の購入をしないといけない仕組みになっています。

その結果、消費量を上回ってしまい、消化しきれないという理由で解約をする人がいるわけです。

こういった解約理由でやめた人は決して水の品質に満足していなかったわけではありませんが、消費しきれなくなってしまうと結局は定期配送される水代が無駄になってしまいます。

このような理由でやめないよう利用するのなら、ウォーターサーバーのサイズが家庭にあっているものを選択すると良いでしょう。

最近は、一人暮らしでも消費しきれるサイズのウォーターサーバーを提供している業者もあります。

それなら、セットする水のタンクも小さくてすみます。

バリエーションを豊富に用意している業者の場合は、こういったコンパクト型から、多人数の家族向けまで何段階にも分かれたサーバーを用意しているので、家族構成や普段お消費量に合わせて選択することが可能です。