ウォーターサーバーの解約理由には色々なものがありますが、やめた人の中には高いからというものもあります。水以外にも費用が必要なため、ペットボトルの水と比較するとどうしても高くなってしまいます。

ウォーターサーバーをやめた解約理由は高いから

お金イメージ

ウォーターサーバーは選ぶ会社によってかかる費用に違いがあり、やめた解約理由には料金が高いというものがあります。

多くのメーカーは、水のボトル単位で料金が決まっています。

毎月決まった量の水が配送されるので、季節によって飲む量が違っても配送されてくる量は一定になります。

水だけの代金ならペットボトルの水でもウォーターサーバーでもあまり変わらないメーカーもあります。

やめた理由には、ウォーターサーバーはそれ以外にも料金がかかることが難点だということも挙げられます。

ウォーターサーバーのレンタル料が必要なメーカーもあります。

販売のところは初めに一括か、もしくは分割で支払います。

送料も必要なところがあり、無料のメーカーでも最低本数が決まっている場合もあります。

夏は飲料水の消費が増えるけれど冬は減るなど、ペットボトルの水なら臨機応変に対応できます。

ノルマが決まっている場合だと水が余ってしまうこともあり、必要以上に費用がかかることもあるため、やめた方が良くなってしまう場合もあります。

メーカーの中にはメンテナンス料金など予想外の費用のために、サポート料が必要なところもあります。

ウォーターサーバーに必要な電力

電力イメージ

必ず必要な費用が電気代です。

ウォーターサーバーは、冷たい水とお湯が出るようにするために電気が必要です。

省エネ型タイプのものもありますが、それでも月350円程はかかります。

これらの費用を全部計算してリットルあたりの値段を出すと、市販されている2リットルの飲料水の方が安いことが多いです。

ウォーターサーバーはお湯がいつでもすぐに出ることや、重い水を買って持たなくて良いという利便性もあります。

ネットスーパーや大手通販サイトでも、ペットボトルの水を購入して宅配してくれます。

浄水器もあるため、お湯は沸かす必要がありますが、その機能はあまり必要ない人もいます。

やめた解約理由には、色々と比較して契約をしたとしても。

思っていたりより費用がかかるためだという人もいます。