水道直結型のウォーターサーバーは、ノルマが消化しきれずにやめたという人や、扱いづらいことを理由としてやめたという方にも適しています。ノルマはないですし、浄水器とウォーターサーバーの良さを持ち合わせているため、扱いやすいです。

普通のウォーターサーバーをやめた人にも水道直結型なら合う場合もある

水道直結型のウォーターサーバーは、厳密にはウォーターサーバーではないです。

宅配イメージ

一般的なウォーターサーバーはサーバーにタンクを取り付けて利用するからです。

そして、その水は購入して、定期的に配送されることとなります。

しかし、水道直結型のウォーターサーバーは、一般的なものと同じように利便性が高く、温水や冷水を瞬時に出すことができるようになっています。

そのため、それに準じて扱うことができますし、実際にウォーターサーバーと呼ばれている場合もあります。

このような特徴から、一般的な浄水器と似ているようですが、浄水器は基本的に水をろ過してきれいにする機能が備わっているだけであり、水の温度を変化させるといった使い方をすることができません。

その点、水道直結型のウォーターサーバーは、水道水を浄化することに加えて、簡単に冷水やお湯を出すことができるという手軽さが加わっています。

つまり、そのまま飲んだり調理に使うことができて、冷やしたり温めたりする必要がありません。

水道直結型のウォーターサーバーのメリットはほかにもあります。

水道イメージ

宅配型のタイプとは違って、水を定期的に購入する必要がないことです。

ウォーターサーバーをやめた人の中で多い理由が、ノルマを達成するために購入しなければならない量が多くて消化しきれないということです。

そんな理由でやめた人は、おいしい水を飲みたいから契約したわけで、水自体の品質に不満を抱いてやめたわけではありません。

そのため、ノルマが発生しないタイプであれば適しているといえます。

また、扱いづらくてやめたという人にも向いているでしょう。

通常のタイプはタンクを上部に取り付けて利用することとなりますが、重いので女性には扱いづらいこともあります。

また、在庫を保管しておくスペースも必要になります。

その点、水道直結型であればこういったデメリットはありません。

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーおすすめランキング

毎日飲む「水」が非常に重要であることがお分かりいただけたのではないでしょうか。だからこそ、この機会にぜひ「水」に目を向けてみてください。

 

ここからは、その参考の1つとして、おすすめのウォーターサーバーランキングを掲載させていただきますので、ぜひご覧ください。

 

1位:Cool Qoo(クールクー)

  >>公式サイトはこちら
初期費用4,200円(税別)~
月額費用4,200円(税別)~
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金 ご契約から36ヶ月以内の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37ヶ月目以降/36ヶ月を超えてお使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

 

Cool Qooは、水道に直結できる自動給水型ウォーターサーバーです。ウォーターサーバーというと、ボトルが必要で面倒というイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかしCool Qooの場合は水道に直結させることができますし、放射性物質まで除去することができる濾過フィルターを搭載しているため、猫に安全な水を飲ませてあげることができます。

 

2位:ピュアウェーブ


初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

 

ピュアウェーブも、1位のCool Qoo同様に、水道に直結して使用することができるウォーターサーバーです。そのため、ボトルは必要ありません。活性炭と逆浸透膜によるROフィルターによって限りなく純水に近い水を作り出すことができるため、こちらも猫にぴったりのウォーターサーバーと言えるでしょう。

 

3位:楽水


初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

 

楽水も、Cool Qooやピュアウェーブと同じように水道直結が可能なウォーターサーバーです。楽水には3種類のフィルターが備わっているため、水道水に含まれているサビやホコリはもちろんのこと、活性炭の吸着力によって塩素などの物質やにおいも除去することができます。